cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 3
2006年02月23日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 米国は交信傍受システム「エシュロン」を通し、一部同盟国も含め世界の交信傍受をしているとされます。米国防総省外国語学校(DLI)との関係は。加藤: 日本語は同盟関係維持を前提とし、日米間の戦略・戦術・作戦に関する意志疎通のために教育をしている側面が強い。ですが、他の言語は確かに、通信傍受や尋問を重視しています。この点において、日本語は...

続きを読む

[元米陸軍大尉 加藤喬氏 談話] 名誉除隊 2
2006年02月22日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 米軍人の社会的地位に比べ、現職自衛官は、勲章すら授与されません。加藤: 米軍の場合、現役将兵に対し勲功によりメダル(勲章)などが授与され、昇進のスピードや年金の多寡にも影響します。自衛官も日々危険な訓練・任務に従事しているのに気の毒です。---- 「気の毒」なエピソードを知っていますか。加藤: 1994年の米ロサンゼルス地震で出動した我々に...

続きを読む

[元米陸軍大尉 加藤喬氏 談話] 名誉除隊 1
2006年02月22日
【加藤喬(かとうたかし)】{米国防総省外国語学校日本語学部長。元米陸軍大尉。1957年、東京生まれ。都立新宿高卒後、79年渡米。カリフォルニア州立短大、アラスカ州立大で哲学を学ぶ一方、米陸軍予備役士官訓練部隊で訓練。91年の湾岸戦争に第164直接支援整備中隊の中隊長代理として参戦。カリフォルニア陸軍州兵部隊第223語学情報大隊で中隊長を務めた。著書に「名誉除隊」(並木書房)}《米国にあこがれ、都立高校卒業後に渡...

続きを読む

/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。