cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米ボルトン国連大使、日本の常任理事国入り支持
2005年09月29日
 米国のジョン・ボルトン国連大使は28日、米国議会の下院国際関係委員会が開いた国連改革に関する公聴会で、「米国は一貫して日本が国連安全保障理事会の常任理事国入りすることを支持している」と証言し、日本一国だけをその対象に挙げた。

 ボルトン大使は証言の中で、安保理改革に関連して「米国は日本を安保理常任理事国にすることを長い期間、支持してきている。そして今もその立場を堅持している」と繰り返し強調した。

 同大使は日本が米国を除いては国連への最大の拠出金提供国であることを指摘。「このことが米国が日本を常任理事国メンバーにする道を探す努力に集中している理由の一つだ」と述べて、日本の国内でもこれだけの経費を出しても常任理事国になれない場合には反発が起きるとの見方を示唆した。

 ボルトン大使は国連への拠出金の額では第三の国としてドイツの名も挙げたが、米国が常任理事国入りを支持する対象には含まず、あくまで日本一国だけを挙げて米国政府の立場を明確にした。

【ワシントン=古森義久】
2005年9月29日 産経新聞(夕刊)17面記事
米の態度に変化が見られる。町村外相の「常任理事国入りが否決されたら(現在相応以上に負担している)日本の拠出金削減も」という発言が効いているのか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。