cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(1) 首都圏の電力賄う屋台骨
2006年02月01日
 私たちの生活を支えるエネルギー。原油高等に伴うエネルギー価格の上昇に加え、地球規模で進む温暖化に対応し、石油など化石燃料の見直しが求められている。一方で原子力発電の有効利用や新エネルギー開発も待ったなしだ。エネルギー消費と環境改善という相反する課題を抱える中で、私たちはライフスタイルの改善を含め、エネルギー、環境の「共生」を様々な形で具体化せねばならない。重い課題を突きつけられた資源小国・日本の挑戦を多様な角度から、年間シリーズで追う。

 いったん地吹雪が起きると、下から吹き上げる雪で5メートル先も見えなくなる。「この季節は、我々でも運転するのが怖いんですよ」と地元のタクシー運転手がそっと漏らす。

 風雪にじっと耐える寒立馬(かんだちめ)。そのイメージそのままに、本州最北端、青森県下北半島に位置する東通村の冬は厳しい。最低気温は氷点下10度ほどだが、強い風が吹けば、体感温度は遥かにそれを下回る。

 その東通村で昨年12月、新たな原子力発電所が営業運転を始めた。東北電力の東通原発1号機(出力110万キロワット)は東北電力にとって電力の安定供給に欠かせない電源だ。だが、東通原発はもう一つ、重要な役割を担う。発電した電力の半分を首都圏向けに供給する「エネルギーロード」の起点でもあるのだ。


 東通から福島県田村市の東電の電力中継基地までが約500キロ。その間、送電線を支える鉄塔は1400本にのぼる。首都圏までは既存の送電網を使用するが、田村市から東京までは更に200キロ以上の距離がある。この総延長700キロ以上の送電線網が首都圏の電力需要をまかなう新たな屋台骨だ。

 このエネルギーロードが完成するまでには長い歳月がかかった。東北電が東通に原発の立地を表明したのは昭和45年。それから35年を経て、ようやく営業運転にこぎつけた。原発は運転開始までの期間が長期化する傾向にあるが、漁業補償など地元との調整が難航した東通は異例の長さを要した。

 それだけに東通原発の井上茂所長は、運転開始に格別の思いを抱いている。「地元には原発と共生し、発展したいという強い思いがある。地元の期待には信頼で応えるしかない」と力を込める。

 東北電では女川原発(宮城県女川町)が20年以上稼動している。井上所長自身、入社以来ほぼ一貫して原子力畑を歩いてきたエキスパート。だが、「東通は初めての原発という気持ちで安全運転に取り組む」と表情を引き締める。

 夏場には6000万キロワットを超える電力需要がある東京電力管内では、東通原発はその1%弱をまかなうに過ぎない。だが、電力は大幅に蓄積できず、いま使っている電気は、いま発電されている。このため、電力会社はピーク電力に合わせた発電設備の整備が必要となる。「5年先、10年先を考えれば東通の電気は必要」。東電企画部の村上達彦課長は東通原発の重要性を訴える。


 ひとたび、この需要と供給のバランスが崩れれば、「首都圏大停電」も絵空事ではない。送電線の老朽化で市民生活をパニックに陥れた米カリフォルニア州大停電の記憶も新しい。

 その悪夢が現実に近づいたのが平成15年。前年に発覚した原発のトラブル隠しによって、東電は15年春、保有する原発17基全ての運転停止に追い込まれた。代替電源の確保が見えない中で「夏場のピーク時には850万キロワット程度の電力不足が生じる可能性がある」と東電の勝俣恒久社長が大停電の恐れに言及するなど、電力業界は危機感を強めた。

 だが、15年は10年ぶりの冷夏となり、電力需要は伸びずに最悪の事態は回避された。そして翌年には記録的な猛暑。「もし1年ずれていたら・・・」と業界関係者が振り返るとおり、電力危機は常に日常生活と背中合わせにある事を忘れてはならない。

 昨年末には予想を超える風雪被害によって新潟で大停電が発生。新潟停電の際には東北電の保守要員が高さ数十メートルの鉄塔にのぼり、絶縁体についた雪を落とし、懸命の復旧作業を続けた。東通からのエネルギーロードにも東北電は年間延べ600人の人員を投入し、万一にも送電が滞らないような体制を敷いている。

 このエネルギーロードは今後、さらに60キロほど延伸される。下北半島の西北端、マグロで有名な大間町にJパワー(電源開発)が大間原発の建設を進めている。運転開始は24年3月。東北電も22年中に青森から宮城までの幹線を二重化する計画だ。衰えることがない首都圏の電力需要をまかなうため、エネルギーロードは更に太く、長く伸びようとしている。

2006年2月1日 産経新聞特集
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。