cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日中対論(4) えげつない手法はね返せ - 金美齢氏
2006年04月26日
【胡錦濤国家主席の靖国参拝に関する発言】
《中国の胡錦濤国家主席が3月31日、北京を訪問中の日中友好七団体との会談で、小泉純一郎首相の靖国参拝を批判するとともに、「日本の指導者達が、A級戦犯の祭られている靖国神社に参拝することを、これ以上行わないということになれば、首脳会談をいつでも開く用意がある」と延べ、参拝中止が首脳会談再開の前提となるとの考えを示した発言。唐家璇国務委員も代表団に「これからの日本の指導者に対しても述べたものだ」と強調した。》


 日中友好七団体の訪中と、胡錦濤国家主席の講話で改めて感じるのは、中国はえげつないということ。中国は相手を見て態度を使い分け、自分達の言うことを聞く人には良い思いをさせて、そうでない人には思い知らせてやろうとする。自らを大国、地域のリーダーだと任じている国が、よくもこんなに露骨なことをやるものだと思う。

 ただ、招く方が招く方なら、行く方も行く方だ。七団体が中国でやってきた日中友好のパフォーマンスが、どれだけ日本人にアピールしただろうか。中国がえげつないことをやればやるほど、日本人は目覚めてきている。日中関係にとって今回の七団体の中国詣では、プラスよりマイナスが大きい気がする。

 特に団長の橋本龍太郎元首相がかしこまって胡主席の話を聞いている姿を見て、多くの日本人はかつて国会でも取り上げられた橋本氏と中国の工作員と見られる女性とのスキャンダルを思い出しただろう。

 胡主席が「次の首相も靖国神社に参拝したら首脳会談に応じない」という趣旨の発言をしたことも問題だ。胡主席の講話によって、ポスト古泉候補にとって「参拝しない」という選択肢は、自民党総裁選でのカードにならなくなった。靖国から距離を置く姿勢は、中国の影を感じさせ、マイナスになってしまうからだ。

 胡主席の講話は計算外れだった。中国は1996年、台湾の李登輝元総統が再選を目指した選挙の際に、いちいち介入しようとした。しかし、介入すればするほど李氏の人気は上がった。

 台湾に対する介入は逆効果になったのに、性凝りもなく日本の総裁選に干渉するのは何故か。中国のような独裁国家は、分かっていてもやめられないことがあるのだ。国民に強い対外姿勢を見せることでしか、権力を保持できないからだ。

 サッカーアジア杯での反日行為、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りに反対する反日デモ・・・と何度も映像を見せられれば、お人好しの日本人だって真実に気づく。

 日本は中国と首脳会談を行わなくても、何の痛痒もない。中国のえげつない手法をどう受け止め、はね返すかで「国家の品格」が問われる。外国に何か言われて、それによってすぐ姿勢を変えるようでは、自主独立の国とはいえない。(談)

{金美齢(きん・びれい)}
評論家、台湾総統府国策顧問。昭和9年、台湾生まれ。34年に留学生として来日、早大第一文学部入学。早大で20年以上に渡り英語講師を務める。夫は東京理科大教授、周英明氏。

2006年04月26日 産経新聞5面記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。