cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[論考 中韓の教科書]韓国編(2) 脱中国 好影響に触れず
2005年07月02日
 韓国の高校選択科目の教科書『韓国近・現代史』に「写真で見る歴史」という部分がある。日本統治時代(1910-45年)の「民族文化守護運動」という項目に出ている。1920-30年代(日本で言えば大正末期から昭和の初め)に、韓国社会に登場した「新式女性」や新しい家庭生活のことなどを、当時の新聞の風刺マンガや写真などで紹介している。

 たとえば「革命は台所から」といった話や、家事そっちのけで外出する洋装の姑の姿、ダンスホール開設を要求する女性たち、自ら自動車を運転し、さらにバスの車掌や観光ガイドなど新しい職業に進出する女性たち・・・。

 日本統治時代というと韓国の歴史教育では暗黒一辺倒で明るい話は一切無い。その代わり日本支配に対する抵抗が無数に記述され、それが教科書では「民族文化守護」などとして記述されてきた。その中で明るい”女性解放”を意味するこの「写真と絵で見る歴史」は異例だ。

 これは近年、韓国で各種の出版物などを通じ活発化しつつある”近代史見直し”の動きに対応する。国定教科書の『国史』を初め、これまで歴史教育が日本統治時代を「侵略・収奪とそれへの抵抗」だけで記述してきたのに対し、人々の日常生活などを含めもっと多角的に見ようというわけだ。

 つまり日本統治下でもたらされた近代化も事実として認めるべきではないかというのだ。「新式女性」で言えば、日本の現代舞踊に目を開かれ世界的な舞踊家になった崔承喜もその一人だ。彼女は自叙伝で、舞踊が社会的にまともに評価されなかった「封建的な母国」のことを嘆いている。

 しかし『韓国近・現代史』は「新式女性の登場」について、日本の影響には触れず「19世紀末にはじまった女性教育で芽生えたわが国の女性解放運動が花咲きはじめたものだ」と説明している。韓国の教科書には日本統治が韓国社会に与えた良い影響は何も書かれていない。

 その一方で韓国が日本に与えた文化的影響については、高校『国史』が「日本にわたったわが文化」の項を設けて古代文化の伝播を2ページにわたって記述し、さらに江戸時代の対日使節団「朝鮮通信使」の文化的影響についても中高校『国史』がいずれも詳しく記述している。

 韓国の歴史教科書はいってみれば「良いことは自らの努力の成果で、悪いことはみんな日本のせい」あるいは「わが国は日本に良いことばかりしてきたのに、日本はわが国に悪いことばかりしてきた」ということになっているのだ。

 いわゆる「自国中心主義」ということでもあるが、歴史教科書は多かれ少なかれおそらくどこの国でもそうだろう。韓国は政府をはじめ日本の歴史教科書に対し「自国中心主義」とよく非難する。しかしその程度は韓国の方がはるかにそうだといっていい。

 日清戦争(1894-95年)についてもそうだ。この戦争は近代化の入り口にあった朝鮮半島に対する影響力をめぐる日本と中国(清)との覇権争いだったが、日本の勝利で結果的に韓国は中国の影響から脱する。韓国にとっては国の制度から、人々の物の考え方、世界観、生活習慣・・・それに人の名前に至るまで、長かった中国の”くびき”から逃れるきっかけになった。画期的なことである。

 しかし中学『国史』は「清日戦争で日本が勝利した後、朝鮮はさらに日本のひどい内政干渉を受けるようになった。この時から日本の朝鮮を支配しようとする野心は露骨にあらわれるようになった」とした後、「(国王の)高宗はこの間、落ちていた国の威信を高めるため国号を大韓帝国に、年号を光武と定め、皇帝即位式を挙行して自主国家の姿を整えた」と記述している。

 「帝国」や「皇帝」の呼称、さらには独自の年号は中国からの”独立”を意味する。したがって「自主国家」は、日清戦争の結果という意味で日本がもたらした良い影響といえる。しかし韓国としては後に日本に支配されたため、そうは思いたくない。歴史認識は違わざるをえない。

黒田勝弘氏 産経新聞2005年7月2日付朝刊記事

[PR] 徹底検証!中国・韓国の歴史教科書 彼らはなぜ反日運動に生命をかけるのか?(イースト・プレス)icon
[PR] 「中国韓国の歴史教科書」に書かれた日本 (別冊宝島編集部)icon
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。