cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 8
2006年02月28日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}《湾岸戦争の「砂漠の嵐」作戦(1991年)に参加。シャワー中に、化学弾頭を搭載した可能性のあるスカッド・ミサイルの攻撃を受ける。防毒マスクを掴み地下防空壕に飛び込んだ。》---- 間一髪、良かった・・・。加藤: ところが、既に地下壕に避難していた20人と私の間には「生者」と「死者」を分ける、避けがたい一線が引かれていたのです。---- どういうことで...

続きを読む

[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 7
2006年02月27日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 湾岸戦争の「砂漠の嵐」作戦(1991年)に参加しましたが、どんな環境でしたか。加藤: 直接支援整備中隊の中隊長代理として、イラク国境の中立地帯から南へ40キロ下がった砂漠の真ん中にあるカリッド国王軍事都市(KKMC)付近に駐屯しました。KKMCはイラク軍南進を牽制する目的で作られた要塞都市。四方は無愛想な褐色の荒れ地で、同じ砂漠でもサハラ砂漠...

続きを読む

[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 6
2006年02月26日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 米国籍を持つ米陸軍退役将校で現役の米軍属ですが、仮に日米開戦の悪夢が再び起きたら、日米どちらのために尽くしますか。加藤: ”二つの祖国”問題では長年、悩み続けました。そうした中、1990年にワシントンから1時間ほど北上したメリーランド州アバディーンの陸軍武器科学校に小隊長として赴任し、兵器博物館を訪れた際、ようやく答えを見いだしました。...

続きを読む

[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 5
2006年02月25日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 1995年、熊本県での日米合同指揮所演習「山桜」に参加した際の、米軍側の部隊構成は。加藤: 私は、ワシントン州ルイス陸軍基地が司令部の陸軍第一軍団所属の州兵や予備役部隊の基幹要員400人の一員。ハワイの第九軍団や座間(神奈川県)の在日米陸軍も一翼を担っていました。---- 第一軍団は米軍再編の一環として司令部が座間に移る方向で、日本でも注目...

続きを読む

[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 4
2006年02月24日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 1995年、熊本県で行われた日米合同指揮所演習「山桜」(作戦名)に参加しましたね。加藤: 武器を携行し作戦行動をとる実動演習ではなく、日米をコンピュータで連結した3週間強のハイテク机上演習でした。演習開始後は24時間態勢となり、陸上自衛隊の精鋭部隊演じる仮想敵相手にコンピュータ上で戦闘が展開されます。米空軍・海兵隊の航空部隊との連携、天...

続きを読む

[元米陸軍大尉加藤喬氏 談話] 名誉除隊 3
2006年02月23日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 米国は交信傍受システム「エシュロン」を通し、一部同盟国も含め世界の交信傍受をしているとされます。米国防総省外国語学校(DLI)との関係は。加藤: 日本語は同盟関係維持を前提とし、日米間の戦略・戦術・作戦に関する意志疎通のために教育をしている側面が強い。ですが、他の言語は確かに、通信傍受や尋問を重視しています。この点において、日本語は...

続きを読む

[元米陸軍大尉 加藤喬氏 談話] 名誉除隊 2
2006年02月22日
 {米国防総省外国語学校日本語学部長 加藤喬(かとうたかし)さん}---- 米軍人の社会的地位に比べ、現職自衛官は、勲章すら授与されません。加藤: 米軍の場合、現役将兵に対し勲功によりメダル(勲章)などが授与され、昇進のスピードや年金の多寡にも影響します。自衛官も日々危険な訓練・任務に従事しているのに気の毒です。---- 「気の毒」なエピソードを知っていますか。加藤: 1994年の米ロサンゼルス地震で出動した我々に...

続きを読む

[元米陸軍大尉 加藤喬氏 談話] 名誉除隊 1
2006年02月22日
【加藤喬(かとうたかし)】{米国防総省外国語学校日本語学部長。元米陸軍大尉。1957年、東京生まれ。都立新宿高卒後、79年渡米。カリフォルニア州立短大、アラスカ州立大で哲学を学ぶ一方、米陸軍予備役士官訓練部隊で訓練。91年の湾岸戦争に第164直接支援整備中隊の中隊長代理として参戦。カリフォルニア陸軍州兵部隊第223語学情報大隊で中隊長を務めた。著書に「名誉除隊」(並木書房)}《米国にあこがれ、都立高校卒業後に渡...

続きを読む

東シナ海の「情報戦」激化は日中軍事衝突の前段階か?
2006年02月21日
 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と監視船を頻繁に出動させたことを公表したが、防衛庁によると、日本の防空識別圏に侵入した中国機による電波収集活動はこの一年間、急増。中国側による公表は「偵察活動を既成事実化する戦略」(防衛庁幹部)とみられる。「情報戦」に有効な対抗措置が取れない日本の領空に近づく布石ともいえそうだ。 中国国家海洋局は昨年の「中国海洋行政...

続きを読む

「中日関係の将来」媚中派主張の虚構 打破
2006年02月19日
 日中関係の今の摩擦や米国の態度について、中国側の文句だけをもっぱら尊重する朝日新聞のような日本側の媚中・親中派の主張は次のようになる。 「日中関係は小泉純一郎首相が靖国神社を参拝するために悪化している。だから参拝をやめると言明すれば、日中関係は改善される。米国でもブッシュ政権の内外で靖国や歴史認識での日本側の態度への批判が広まってきた」 ところがワシントンでこのほど開かれた日中関係に関する討論会...

続きを読む

米 最大の潜在敵中国に危機感 外交政策に中国の影響力
2006年02月16日
 米国議会下院国際関係委員会が14日に開いた米中関係に関する公聴会で議員側から「中国は米国の最大の潜在敵」という見解が再三、表明される一方、専門家の証人側からは中国はアジアで日本と米国の離反を図り、米国では各種研究所への影響力を強め、中国側に有利な政策を採択させるようになったことが報告された。 同国際関係委員会の監視調査小委員会(小委員長ディーナ・ローラバッカー議員)は「米国の外交政策への中国の影響...

続きを読む

北京 貧富の格差都市内も拡大 北京暴動”寸前”
2006年02月13日
 中国政府が、都市住民の格差問題に警鐘を鳴らし始めた。これまで都市と農村の格差については問題視されてきたが、最近の調査では都市住民の収入格差も、ジニ係数(格差の指標)で「警戒ライン」上の0.4前後に達し、2008年の五輪を控えた北京では、暴動リスクをはらむ「危険ライン」である0.5前後に達しているという。急激な経済成長の一方で、ジニ係数も急速に上昇しており、早急に対策を講じなければ、社会不安が更に拡大すると...

続きを読む

中国の資源外交「脅威」テロ支援国家との連携 懸念
2006年02月11日
 米エネルギー省は9日までに、中国が世界中で行っている資源開発が、米国の安全保障上の脅威になる可能性があるとする報告書をまとめ、議会に提出した。報告書は、中国の石油大手、中国海洋石油(CNOOC)が、米石油大手ユノカルを買収しようとし、失敗した後でまとめられたもので、中国は自国の資源需要をまかなうために、人権侵害や核開発、テロ支援を進めている「無法国家」との連携を深めており、米国の外交政策を妨げる懸念が...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(8) 循環型社会へ広がり 菜の花も廃食油も変身
2006年02月10日
 琵琶湖の東部に位置する旧・愛東町。昨年2月、周辺1市3町と合併して東近江市となったこの町は、推古天皇の時代に聖徳太子の願いで建てられたという近江地方の最古刹、「百済寺」の門前町として栄えた長い歴史を、町のそこかしこに刻んでいる。 そんな歴史の街が今、環境最先端の町として地方自治体や市民団体に注目されている。全国に先駆けて取り組んできた、家庭や飲食店などから回収した使用済みの食用油(廃食油)や、菜の...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(7) 夢のバイオマス「厄介者」を有効利用
2006年02月09日
 長さ390メートルの橋で陸地と結ばれた愛知県蒲郡市の竹島。周囲を約30分で回れる遊歩道が整い、中央部には神社もある。国の天然記念物に指定され、市のシンボルでもある小島が「緑の異物」に襲われたのは昨年12月のことだ。 「犯人」は海から流れ着き、腐敗したアオサと呼ばれる海藻。春から秋にかけての発生が一般的だが、暖冬の影響もあって厚さ30センチも堆積した。 「せっかくの初詣が台無しになってしまう。島の景観を守...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(6) CO2削減”物流”動く
2006年02月07日
 午後5時54分。夕闇に包まれた梶ヶ谷貨物ターミナル駅(川崎市宮前区)に警笛が鳴り響き、21両編成の「ゴミ列車」が定刻通りに出発した。 「普通のコンテナと見分けがつかないでしょう。でも、この『積み荷』を毎日、きちんと届けることが大事なんだ」。蛭川勝駅長が直立不動で見送る。 コンテナに積まれているのは、家庭などから川崎市が収集したゴミ。JR貨物の「クリーン川崎号」は、全国で唯一、廃棄物を専用に輸送している...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(5) 次代へ走る燃料電池車
2006年02月06日
 1月3日の早朝、恒例の「箱根駅伝」の復路スタート地点となった芦ノ湖周辺の気温は、箱根山から吹き下ろす寒風でマイナス0.8度の氷点下を記録していた。前夜に降ったみぞれは道路の所々に氷の膜をつくり、路面温度を更に下げた。 「このまま気温は下がりつづけるのだろうか?」。自動車メーカー、ホンダの最先端技術研究所の清水潔主任研究員は、大会本部車となった燃料電池車「FCX」のハンドルをギュッと握りしめた。瞬間、清水...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(4) 世界規模で「石炭復権」
2006年02月05日
 二月は日本酒の仕込みの最盛期だ。早朝から酒米を蒸す作業が続き、作業場は白い湯気で包まれる。 「でも昔と比べると、ずいぶん楽になりましたよ」。神戸市灘区の酒造会社「沢の鶴」の長江晴夫経営管理室長が感慨深げに語る。 江戸時代から酒どころとして知られた「灘五郷」(なだごごう)。今も40もの酒造会社が集積し、日本酒生産量で日本一を誇る。沢の鶴も、創業300年を数える老舗だ。 蒸し釜に蒸気を送る作業では、ボイ...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(3+) 海底に眠る「燃える氷」メタンハイドレート
2006年02月04日
 年間5000万トンも輸入している天然ガスの代わりに、ガス燃料の主役に躍り出る可能性があるメタンハイドレート。この「海底に眠る燃える氷」の研究開発は国家プロジェクトに位置づけられ、政府は平成28年度までに量産技術の確立を目指している。 メタンハイドレートが存在するのは、水深500メートル以上の海底下200-300メートルの地層や極地に近い永久凍土といった低温・高圧下に限られる。日本では東海沖から四国沖、日向灘にか...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(3) 注目集める石油無尽蔵説
2006年02月04日
 降りしきる雪の中で、ウインチの音が間断なく響く。長さ27メートルのパイプが次々と採掘井戸の中に下ろされていく。新潟中越地震で大きな被害を受けた長岡市は、日本有数の天然ガス産出地でもある。帝国石油はここで昨年10月から採掘作業を始めた。 原油や天然ガスを生産する採掘井戸は、パイプ先にビットと呼ばれる刃を取り付け、パイプを回転させながら地中を掘り進める。だが、ビットの寿命は80時間ほど。ビット交換のたび、...

続きを読む

米ブッシュ大統領一般教書演説 対テロ戦争成果自負
2006年02月03日
 米国のブッシュ大統領が1月31日夜(日本時間1日午前)に行った一般教書演説は、劇的な訴えの少ない語りかけとなったが、イラクでの治安回復と民主国家建設の進展や、対テロ戦争全般の成果への自負が根幹となる形となった。イラクなどでの「自由」や「民主主義」の目標の達成を誇りながら、自国の国内政策へも改めて積極的に取り組み、米国社会の「希望」を求める姿勢が目立った。 五十数分にわたる演説で議場からの拍手が最も長...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(2+) 中国、石油獲得に躍起
2006年02月02日
 世界はいま、「静かな石油危機」に直面している。原油生産が頭打ちになる中で石油需要が年々増え、それが石油高騰を招いている。この新たなエネルギー問題のカギを握るのが中国だ。 2005年の中国の石油消費量は、日量660万バレルにのぼった。1990年に比べて3倍近い量だ。工業化の進展や消費形態の多様化を背景に急速に拡大しており、これが世界の原油需給に大きな影響を与えている。 中国は海外資源の獲得にも積極的だ。中国海...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(2) 求められる国家戦略
2006年02月02日
 沖縄本島から北西へ約300キロ。東シナ海の見渡す限りの大海原に巨大な海上プラントがそびえ立つ。中国が十数年前から調査・開発してきた天外天(日本名・樫)石油ガス田の採掘施設だ。採掘時に石油や天然ガスの余剰成分を燃やす「フレア」と呼ばれる炎が昨年9月に初めて上がり、生産が本格化しようとしている。天外天の威容には、資源エネルギー庁幹部も、「従来の中国の施設よりも格段に洗練され、西側諸国の技術水準に近い」と...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(1+) 電気備蓄に超電導利用-中部電力SMES
2006年02月01日
 電気は大量に蓄積することができない。送電ロスがあるにもかかわらず、青森県東通村から700キロ以上のエネルギーロードを通じて電気を運んでいるのもこのためだ。電気を大量に蓄え、必要な場合に素早く供給できないか-。多くの技術者がこの難題に挑んできた。 中部電力が開発した超電導電力貯蔵装置「SMES」は、その夢に大きく近づいた製品だ。国内最大の液晶テレビ生産拠点であるシャープの亀山工場(三重県亀山市)に世界で初...

続きを読む

資源小国の挑戦 第1章 共生に向けて(1) 首都圏の電力賄う屋台骨
2006年02月01日
 私たちの生活を支えるエネルギー。原油高等に伴うエネルギー価格の上昇に加え、地球規模で進む温暖化に対応し、石油など化石燃料の見直しが求められている。一方で原子力発電の有効利用や新エネルギー開発も待ったなしだ。エネルギー消費と環境改善という相反する課題を抱える中で、私たちはライフスタイルの改善を含め、エネルギー、環境の「共生」を様々な形で具体化せねばならない。重い課題を突きつけられた資源小国・日本の...

続きを読む

/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。