cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
米中新冷戦
2005年08月30日
 米国の政府や議会では、中国のパワー拡大で両国の利害がグローバルな規模で衝突するという認識が広がり、「米中新冷戦」の始まりとする見方が一部で出始めた。米中間では強調し得る領域も多い半面、最近の両国の政策的衝突は、米中関係に新しい衝突の構図を生むに至ったという見解が語られている。 ブッシュ政権の中国に対する新たな警戒姿勢は、8月中旬にライス国務長官が「中国が国際政治で大きなパワーとなったこと」を踏ま...

続きを読む

なぜかあまり報道されない中国のアフリカでの暗躍
2005年08月28日
 米国政府内外では、中国がアフリカで石油や鉱山資源の獲得のための活動を急拡大し、特に独裁国家との絆を深めはじめた事への懸念が強く表明されるようになった。中国が資源戦略の対象として接近する諸国はみな、米国が独裁やテロ支援を理由に対決を深める国であるため、アフリカを舞台に米中両国の新たな利害の衝突が起きてきたといえる。 ブッシュ政権の内外ではこのところ、「中国のグローバルな台頭」が真剣な関心の対象にな...

続きを読む

首相の中国への謝罪 無意味
2005年08月22日
 米国の大手紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、17日付けの社説で、小泉純一郎首相が15日に出した「戦後60年談話」での謝罪について、中国は外交カードとして歴史問題や靖国問題での対日非難を続けているため、日本が対外的活動を弱めない限り、謝罪の要求をやめないだろう-と論評し、この種の謝罪の繰り返しには意味がないことを示唆した。 「無視される日本の謝罪」と題した社説は、小泉首相の談話と靖国問題を取り上げ、...

続きを読む

/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。