cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
国連再考 第6部 (10) ‐ デッドウッド
2003年12月26日
 世界銀行で二十年以上も働いた欧州のエコノミストから数年前に「デッドウッド」という言葉を聞いたときは、びっくりした。 デッドウッドとは文字どおりには枯れた枝、人間を指す場合には、役に立たない人、という意味である。 日本の大蔵省(現財務省)から三年ぐらいの任期で送り込まれてくる官僚たちを外国の正規職員たちは陰でそう呼ぶというのだ。 英語での実務処理や見解発表の能力、開発途上国の実態の把握、その支えとな...

続きを読む

国連再考 第6部 (09) ‐ 日本基金の運用
2003年12月25日
 日本が世界銀行やIMF(国際通貨基金)の資金面で果たす役割は、これまでも報告してきたように、巨大である。 拠出も出資もすべて米国に次ぐ第二位の額を担ってきた。 世銀グループに出す資金のほぼすべてとIMFに出す多くの資金は、日本政府の予算ではODA(政府開発援助)として扱われる。 ODA予算全体の中で世銀・IMF関連に投じられる分は23%くらいから30%近くにも達する。 絶対額では近年は年間二千八百億円とか三千億円とな...

続きを読む

国連再考 第6部 (08) ‐ 途上国開発援助
2003年12月24日
 開発途上国の経済成長を草の根レベルから推進することを主張する国際NGO(非政府組織)の「フィフティ・イヤーズ・イズ・イナフ(五十年で十分)」は、ここ数年、活動上の攻撃の標的をIMF(国際通貨基金)に絞ってきた。 この組織「五十年で十分」はその名の示すとおり、ブレトンウッズ体制としてIMFと世界銀行ができてもう五十年、その体制が目標とする途上国の開発も、半世紀にわたる従来の方法ではやはりうまくは実現できな...

続きを読む

国連再考 第6部 (07) ‐ IMF廃止論
2003年12月23日
 「IMF(国際通貨基金)は廃止されるべきだ。 ただし廃止にはゆっくりと時間をかけて、いまの人材を他の目的に、もっと効果的に活用できるようにすべきだ」 一九九八年十二月、当時、米国のスタンフォード大学教授だったジョン・テイラー氏はテレビのインタビューで淡々と語った。 穏健派保守派とされた著名エコノミストのテイラー氏はブッシュ政権が登場すると間もなく、財務次官に就任した。 二〇〇一年六月、担当は「国際経済...

続きを読む

国連再考 第6部 (06) ‐ 総裁への脅威
2003年12月22日
 「ウォルフェンソン総裁はすぐ怒りを爆発させ、公式の場でも世銀の部下を激しく叱責して屈辱を与える。 彼は部下に説く価値観や振る舞いを自分では実践しない。 世銀の管理職はみな恐怖におびえている」 ウォルフェンソン氏は二〇〇〇年に世銀の総裁に再任された直後、世銀内部の士気低下の原因について率直な意見を無署名で出すことを職員全般に求めた。 その結果、中東・北アフリカ局の幹部職員から提出されたのが総裁自身に...

続きを読む

/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。