cutting edge
スポンサーサイト
--年--月--日
日中対論(4) えげつない手法はね返せ - 金美齢氏
2006年04月26日
【胡錦濤国家主席の靖国参拝に関する発言】《中国の胡錦濤国家主席が3月31日、北京を訪問中の日中友好七団体との会談で、小泉純一郎首相の靖国参拝を批判するとともに、「日本の指導者達が、A級戦犯の祭られている靖国神社に参拝することを、これ以上行わないということになれば、首脳会談をいつでも開く用意がある」と延べ、参拝中止が首脳会談再開の前提となるとの考えを示した発言。唐家璇国務委員も代表団に「これからの日本の...

続きを読む

日中対論(3) 原点戻り平和友好の道を - 中江要介氏
2006年04月26日
【胡錦濤国家主席の靖国参拝に関する発言】《中国の胡錦濤国家主席が3月31日、北京を訪問中の日中友好七団体との会談で、小泉純一郎首相の靖国参拝を批判するとともに、「日本の指導者達が、A級戦犯の祭られている靖国神社に参拝することを、これ以上行わないということになれば、首脳会談をいつでも開く用意がある」と延べ、参拝中止が首脳会談再開の前提となるとの考えを示した発言。唐家璇国務委員も代表団に「これからの日本の...

続きを読む

日中対論(2) 責任明確化 対日重視の姿勢 - 朱建栄氏
2006年04月23日
《東シナ海の石油ガス田開発、首相の靖国参拝など最近、日中間の摩擦が際立っている。こうした中、中国の胡錦濤国家主席は、さきの橋本龍太郎元首相ら日中友好7団体代表との会議で、「日本の指導者が靖国参拝を繰り返し、日中関係を損なった」と強調、日本側の反発を買った。首相の靖国参拝をはじめ今後の日中関係はどうあるべきか。識者4人に聞いた。》 日本での胡錦濤主席の発言についての報道は、真意が伝わっていない。胡主席...

続きを読む

日中対論(1) 反発の素地「靖国発言」裏目 - 茅原郁生氏
2006年04月23日
《東シナ海の石油ガス田開発、首相の靖国参拝など最近、日中間の摩擦が際立っている。こうした中、中国の胡錦濤国家主席は、さきの橋本龍太郎元首相ら日中友好7団体代表との会議で、「日本の指導者が靖国参拝を繰り返し、日中関係を損なった」と強調、日本側の反発を買った。首相の靖国参拝をはじめ今後の日中関係はどうあるべきか。識者4人に聞いた。》 胡錦濤主席が日中友好7団体との会議で、首相の靖国参拝に触れたのは逆効果...

続きを読む

/ Template by sukechan [ laughing cat custom version ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。